パソコンをウイルスから守るのは義務です

パソコンのウイルス対策

一人一台という時代になったパソコン。パソコンの普及率が上がると共に、ウイルスに関するセキュリティー問題も関心が高くなってきました。その一方、自分のパソコンに関する関心が著しく低いユーザーが存在します。
ウイルスは、一般的に相手のパソコンに対して不利益を与える、ある意味攻撃のようなものです。その名のとおり、相手一人だけでなく、その人から人へと感染していくことから、ウイルスという名を付けられているくらい、パソコンにとって厄介なものです。
そこで、自分も相手もウイルスにかからないように、対策が必要になります。一般的な方法としては、ウイルス対策ソフトを購入して、自分のパソコンにダウンロードすることです。そうすることで、人間でいう予防接種代わりとなり、いざウイルスが近づいてきても、感染することなくやりすごせるというものです。自ら大きなアクションをしなくても、一度ダウンロードをしてしまえば、パソコンが勝手にウイルスを監視していてくれるので、ウイルス対策としてはとても簡単な方法です。
しかし、ここまで簡単な方法でも対策をしない、ウイルスに関して意識の低いユーザーがいます。自分のパソコンは、ウイルスにかかっても不利益を被る情報などが無いから対策はしない、と考えているからのようですが、ウイルス対策はみんなでしないと意味がありません。自分はよくても他の人に大きな迷惑をかけることになるかもしれないのです。みんなのパソコンを守るためにも、自分のパソコンでウイルス対策をきちんとしましょう。


Copyright(c) 2017 パソコンをウイルスから守るのは義務です All Rights Reserved.